カードローンは金利の影響が大きくなるタイプの融資

キャッシングやカードローンは、今や学生からパート・アルバイトの方、そして主婦にでも利用出来る非常に身近な存在となりました。

テレビCMも夜間帯のほぼ全ての民放番組で放送されていて、むしろCMが無い番組の方が少ないのではないかというぐらいの頻度です。

わりと気軽に利用出来るようなイメージですが、よく考えて使わないと危険な物であることは間違いありません。

気を付けるポイントというのはいくつかあるのですが、どの借り方にも影響がある『金利』という面を見てみましょう。

キャッシングやカードローンの金利というのは、普通に銀行から借りる物に比べて高めの設定となっています。

法廷上限金利というのは20%、大手消費者金融でも18%前後となっていますので、ほぼ上限金利と言ってもよいぐらいです。

キャッシングやカードローンで借りれる額は多くても数十万です。

そのため、ある程度金利を高くしておかないと金融会社が儲からないという現実的な問題があるため、どうしてもそうなってしまうのです。

これが大きく影響するのはキャッシングよりもカードローンの時です。

カードローンはリボ払い、つまり分割となるわけですから長期間借り続けるということになります。

そうするとその分金利の影響が大きくなってしまいますから、ちょっとした金利の差が1ヶ月2ヶ月の支払い増加に繋がるというわけです。

093992

キャッシングではなくカードローンで借りるということを考えているならば、金利については特によく確認しておきましょう。

返済計画を立てる上でも重要ですから、絶対に忘れることがないようにしたいですね。